FX口座開設日数の早い会社ランキング

FX口座開設日数の早い会社ランキング

1位 みんなのFX
最短翌日

最短翌日
みんなのFXは最短翌日に口座開設が可能です。さらに、取引手数料無料、ドル円スプレッド0.3銭という業界最高水準の取引環境を提供しています。

みんなのFXの詳細

2位 マネーパートナーズ
最短2日

最短2日
マネーパートナーズは、最短2日で口座開設が可能です。スワップポイントが業界最高水準な上、各通貨ペアとも取引手数料は無料、通常時のスプレッドも米ドル/円は2pipsと狭くなっています。FX専業の会社としては初めての上場会社です。

マネーパートナーズの詳細

3位 クリック証券
最短数日

最短数日
クリック証券はドル円のスプレッド0銭からと業界最高水準です。スプレッドは、売りレートと買いレートの差で取引ごとに発生しますので手数料以上に重視されるポイントです。信託保全もしっかりしていて安心できるFX会社です。

クリック証券の詳細


FX口座開設の流れ

FXの口座はどうやって開設するんだろう?という方のために、ここではFX口座開設の一般的な流れをご紹介します。

まずはFX会社を決めます。手数料についてはほとんどの会社が0円ですので、比較は難しいですよね。他にも、スワップポイントやレバレッジなどの比較ポイントがありますが、スプレッドを判断材料にする方が増えているようです。有利に取引するには、スプレッドは低いほうがいいです。スプレッドは一種の手数料と考えてもいいかもしれません。第二の手数料と言われるスプレッドでも比較してみましょうスプレッドが低いのが、クリック証券でドル円の取引で0銭からです。みんなのFX(口座開設最短翌日)もスプレッドは低くドル円の取引で1銭からです。その他は、2銭から3銭のところが多いので、口座開設までの日数が短くてスプレッドも低い会社となると、クリック証券みんなのFX(口座開設最短翌日)の選択になります。 その他、当サイトのランキングでは信頼できる会社のみをエントリーしていますので参考にしてみてください。

FX会社を決定したら、ホームページから口座開設の手続きを始めます。必要であれば口座開設の前に資料請求をし内容を確認しておくといいでしょう。ほとんどの会社が無料で資料を送ってくれます。口座開設をする際にはFX会社のFX取引説明書や約款、規定、ガイドなどをしっかり読んでから始めましょう。

FX会社のホームページの口座開設申し込みフォームに必要事項を記入して送信します。 記入事項には住所、氏名、職業、年齢、銀行口座などの記入が必要となります。 申し込みをすると受け付けメールが届きます。

次に本人確認書類のFAX送付や郵送または一部会社はメール(携帯電話やデジカメで書類を撮影したものをメール送付)をします。本人確認書類は住所、氏名、生年月日が確認できるものが必要となります。本人確認書の内容が申し込みフォームに記載された内容と異なる場合は申し込み受付がされないので注意しましょう。

本人確認などの審査が終了すると、FX会社から口座開設準備完了の通知がきます。通常その通知書にはログインためのユーザーIDとパスワードや証拠金の振込み金融口座などが記載されています。その金融口座に入金し、準備が完了となります。あとは通知されたユーザーID、パスワードでログインし、FX取引きスタートとなります。

ウォーターサーバーをお試しする
ウォーターサーバーを使ってみたいけれど契約の前に使ってみたいという方は多いです。大手のアクアクララは導入前にお試しできるサービスを行っています。